楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

点火時期について

ここのブログの検索で、「点火時期」を検索されている方が多い。遅いとどうなるか、早いとどうなるかを調べたいのだろうか。点火時期の合わせ方だろうか。いわゆる三拍子は、たしかに官能的でイメージするハーレーのサウンドはまさしくこのいわゆる三拍子だと思う。

三拍子は、リアが2回に1回失火する状態を作り上げてればよいので、燃料濃い目、点火時期遅めにしてやればショベルではいわゆるショベルらしいテンポを刻んでくれるようだ。

ポイントやダイナSなどのセミトラは進角が機械式、ガバナーで点火のタイミングを見ているので、センサープレートを点火時期が遅い方に回して固定してやれば回転数を落とすことが出来る。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッド 点火時期調整とヘッドの組立

160414-01


組立した作業をアップ。ヘッド組立のレポは“エンジンの圧縮がなくなりました”に以前の作業をまとめているのでそちらをどうぞ。点火時期調整をするため進角マークを出す。“ハーレーのエンジンの燃焼行程”に詳細はまとめているのでそちらをどうぞ。

(記事の続きを読む)

スクリーミンイーグル点火モジュールのMOSFET交換


エボ用の点火モジュールのMOSFETはノーマルもスクリーミンも同じところにある。スポーツスター用も同じ。以前、スクリーミンのMOSFETを交換したのは10年くらい前で、その時は良くわからずエボスポーツ用のものを改造して取りつけてた。

点火タイミングが多分違うのだろうけど(詳しくはわからない)、そこまで違和感なく使用できていた。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

針尾無線塔 ニイタカヤマノボレ一二〇八


道沿いに出てきたハウステンボスのホテル。HIS傘下となってから不死鳥の如く蘇ったテーマパーク。昔の寂れたオランダの街のイメージを壊さない見せ方の方が好きだったけど、それじゃマニアしか寄ってこないから経営は難しいようだ。

(さらに…)

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 390911総閲覧数:
    • 24今日の閲覧数:
    • 180昨日の閲覧数:
    • 198325総訪問者数:
    • 18今日の訪問者数:
    • 98昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド