楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

点火時期について

ここのブログの検索で、「点火時期」を検索されている方が多い。遅いとどうなるか、早いとどうなるかを調べたいのだろうか。点火時期の合わせ方だろうか。いわゆる三拍子は、たしかに官能的でイメージするハーレーのサウンドはまさしくこのいわゆる三拍子だと思う。

三拍子は、リアが2回に1回失火する状態を作り上げてればよいので、燃料濃い目、点火時期遅めにしてやればショベルではいわゆるショベルらしいテンポを刻んでくれるようだ。

ポイントやダイナSなどのセミトラは進角が機械式、ガバナーで点火のタイミングを見ているので、センサープレートを点火時期が遅い方に回して固定してやれば回転数を落とすことが出来る。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッド 点火時期調整とヘッドの組立

160414-01


組立した作業をアップ。ヘッド組立のレポは“エンジンの圧縮がなくなりました”に以前の作業をまとめているのでそちらをどうぞ。点火時期調整をするため進角マークを出す。“ハーレーのエンジンの燃焼行程”に詳細はまとめているのでそちらをどうぞ。

(記事の続きを読む)

7ピンのオスコネクタあったらアダプタで全部のモジュール使える話


パーツナンバー32408-90 これはエボの91-95くらいまでの点火モジュール配線とコネクタのアセンブリ。ヤフオクでもebayでも部品番号で出ることは稀で、配線関連を探してやっと入手出来る。みんな外して捨てちゃうから・・・でもこの7ピンオスコネクタ配線が手に入れば、アダプタ作ることで全部のモジュールをテスト出来る

画像は7-8ピン変換アダプタの製作途中画像。8ピンのコネクタは汎用品なので比較的入手可能だ。でも7ピンはオスもメスも本体から取るのが一般的。今回は32405-91A 進角カーブがDカーブのエボ91年くらいのもの。進角カーブ自体は悪くないけど5250rpmでレフリミットなので、もっとパフォーマンス良いのが欲しくなる、と英書に書いていた。カーブの種類の判別はあとで書くよ。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

東近江あたりまでツーリング 1 中山道愛知川宿

今日は非常に天気が良かった。前日にゴーグルさんがキャンプの下見に多賀あたりまで行くというのを聞いたので、ご一緒しようと思い多賀に向けて走りだした。途中、micromさんやびわこの鮎ドットコムのひげちゃんの近くも通るので寄ってみようと計画。

時間があればあってもらおうという感じで連絡もせずに出かけた。後ろに息子を乗せて。最近、子供らを乗せてツーリングに行くときは握り飯とおかずを用意していく。食欲旺盛なので毎週走りに行っていては経費がかかるw そもそも自然の中で食べる食事は美味い。自分で作ったごはんの方がおいしいし。

(さらに…)

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Count per Day

    • 454884総閲覧数:
    • 355今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 231426総訪問者数:
    • 188今日の訪問者数:
    • 200昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド