楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルのセルモータが回んない(汗


金曜くらいになんかセルが回りにくいなぁって感じになってて、バッテリー充電してもダメなんかなぁ中華製のはずれひいたかなと思ってた。土曜日、朝からエンジンかかるかなぁとスターターボタンを押すけど、かなりセルの回りが悪い。そして最後はカチカチカチとリレーが動く音だけしてモータが回らない。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッド 冬場でもギュンギュンセルが回るようになった

ブログ村のランキングクリックありがとうございます。意外に増えたんでびっくり。

ワンウェイクラッチ交換する前に、リレー周りの配線調べたらリレー2のバッテリからつないでいる12V配線が、コネクタのところで外れかかっていた。

どうりでバッテリをフル充電してもセルの周りが悪いわけだ。ここで不要な電気をたくさん持っていかれているので、すぐにバッテリーが上がりかけてた。

セルモータ回転させるのに、普通は配線がハンドルまで行ってからソレノイドに接続されている。距離が長いと抵抗になるので、リレーを追加してバッテリからソレノイドまでの配線を最短にする改造をしている。

ショベルヘッドソレノイド配線の変更はコチラにまとめている。

(記事の続きを読む)

セルモータのフタの外し方

151227-05

なんか色々とおかしいこの画像。「ハレ太郎日記」のGKハレさんが送ってきた。GK=グレートキッカーの略。何回も何回もキックを踏むけどかからず、他の人が変わってキックを踏むとすぐかかる、といった感じのハレさん。セルの回転が弱弱しかったので分解して整備することにしたそうだ。ググったら、ウチのサイトがヒットする。なんだー、SASさん書いてんじゃん~真似しよ~って感じでばらしていったそうだ。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ハーレーダビッドソン試乗会「FREE[ER] WEEKEND in 大阪」ATCの試乗会に行ってきた


12月2日の日曜日に大阪南港ATCで開催されたハーレーの試乗会に行って来た。まだ日も昇りきっていない早朝から南港に向けて走り、8時前には到着

誰もいない。主催者の方々が準備に勤しんでいる。全くのアウェーな場所に、ドキドキしながら進んでいく。

(さらに…)

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • Count per Day

    • 517481総閲覧数:
    • 633今日の閲覧数:
    • 426昨日の閲覧数:
    • 264389総訪問者数:
    • 217今日の訪問者数:
    • 199昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド