新品部品で組まれても粗悪社外品だとダメ

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


バッテリートレーを絶縁アンド固定しているこのゴム部品。社外品を付けてた。ナットを締めこんだら雄ネジの根元がねじ切れそうになってしまったので、部品入手するまでこの状態で耐えた。取り付けてから2年もたっていないんじゃないかなぁ。


16V昇圧回路やセルスターターの回路にリレー追加してたりするので配線は純正とは異なるが、バッテリトレーを支えているこのゴム、長いこと替えていないとゆがんでいたりする。

これが脱落したりするとバッテリー端子が車体に触れたりしてショートしたりすることもあるので、早目の交換が吉。

しかしながら、新品とはいえ粗悪な社外品の場合、材質がよくないので今回の私のようにねじ切れたりするので、やはり純正品が良い。


ねじ切れたゴムの部品を外す。錆びて取れなくなることが多々あるので、私は組むときにネジ部にオイルを少し垂らして組んでいる。


純正品と社外品の見分け方。製造ロットにより違うかもしれないが、ゴムにパーティングライン(縦線)が入っていたら社外品。普通のショップならここは純正品を使うと思う。


ネジの根元がヌスんである。要は根元が細くなってるってことね。細いと弱いね。純正の径は太い。

他の部分も社外品を使用しているので、また純正品を入手して交換しておこう。

自分のショベルは自分で整備してるので仕方が無いけど、ショップ出のバイクに粗悪社外品(全ての社外品が悪いわけではない)が付いていると残念な気持ちになる。スターターのワンウェイクラッチも粗悪社外品があって、すぐにガッタガタになるんだけど、そんなのが組まれているショップ出のショベルを見たら、他の部分もばらして確認してみたくなる。

新品部品で組んであるっていっても、粗悪社外品ばっかりだと不具合すぐに出るねぇ

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 320現在の記事:
    • 364869総閲覧数:
    • 372今日の閲覧数:
    • 541昨日の閲覧数:
    • 185076総訪問者数:
    • 193今日の訪問者数:
    • 249昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド