1983FLHTC 現車確認に愛知まで

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

2週間少し前に、昔から世話になってるある人からLINEが届く。

「この車両、気になってんねんけど、現車確認一緒に行ってくれへん??」と

実はその車両、自分も気になってウォッチリストに入れてた。多分国内正規もの

興味本位もあり、現車確認に同行することに

あずき色のフルオリジナル1983FLHTC なんという程度の良さ(ついてる部品ね)内燃機やミッションはわからんけど、見た目は最高にいいぞ

弁当箱エアクリもフィン付きのいいやつだし、タイマーカバーに至ってはリベットがそのまま残されている当時のままの仕様

レギュレータはかさ上げされて取り付けられていて、モジュールはここにはなく他の場所に

メータ読み5710km 多分実走行だろう。丁度慣らしが終わって良いころ合い。80kmを越えると光る速度警告灯もきっちり残っている。

FLT,FLHT、FLHTC,FXRはショベルでも5速ミッション。プライマリーケースの形状は異なり、ソレノイドも車体進行方向ではなく90度の位置に

国内正規モノの特徴で、ウインカースイッチはロッカー式になっている。

チェーンはフルカバー。そしてこのリアスプロケは社外品も無い。フルカバーを取っ払ってオフセットスプロケなんかを作ればいいみたいだけど、面倒くさそう

フロントブレーキはダブルディスクになっている

鍵もFLTオリジナル

メーターケーブルもこれが純正なのね。ラセン巻きにコーティングしている感じでしなやかに曲がってくれる。安物の社外品は固くて困る。

オイルポンプ。チェーンオイラーはリアチェーン給油用だろうが、プライマリー側に行くホースがわからない。これは乾式クラッチなのでインナープライマリチェーンを給油しているはずだけどわかんない

リアビュー 反射板が1980年代の国内正規モノを表している。

エンジンもかけてもらった。異音もなくコンペン周りからもタペット周りからもコンコン音もない。多分エンジンは極上だろう。

クラッチは異常に固かった。調整すれば何とかなるのかな?乾式なのでレバー位置を決めれれば、あとは4速と同じ感じだろうと思う。

各部ベアリングの給脂もされてないだろうし、長期保管くさいから走ってみないと良しあしもわからん。そもそも、FLT系はラバーマウントやられたりカバードチェーンの整備の面倒くささ、出てこないリアスプロケ また1980FLTに限ってはワンイヤー部品が多く、チョッパーにしにくいことから超絶不人気車のようだ。

1983は割と部品供給的にはマシみたいだけど

エレグラのまま乗るなら外装もこれでいいし、このフルドレスはフルドレスで妙にかっこよく思える

帰りに店の人オススメの名古屋めし、あんかけスパを食べて帰った。スパイシーでおいしかったよ、ここの店。アタリだ。

帰りの道中もどーしよっか、買いかなぁやめといたほうがいいかなーとグルグル意見が回る巡る

デメリットはあるし整備してくれる店探さないとダメだし、さてどーしたもんか

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

touring
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. […] 1983FLHTC 現車確認に愛知まで […]

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 343現在の記事:
    • 709123総閲覧数:
    • 8今日の閲覧数:
    • 289昨日の閲覧数:
    • 342347総訪問者数:
    • 7今日の訪問者数:
    • 132昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド