楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

フロントブレーキパッドを交換したけどやばかったww

最近、走っているとフロントからシャーシャー音がしてきていた。

どうやらブレーキみたい。んー、前にブレーキパッド交換したのいつだっけ?

5年くらい前だったかなぁ、そろそろ交換しないとねぇ

・・・・調べてみた

・・・・11年前だったwww

早速ブレーキを分解。パッドはネットで手配

ボルト外してキャリパーを外す

 

(記事の続きを読む)

過去を紐解くナックルパン時代の指定オイルの粘度


ひょんなことから見つけたナックル、パン時代のサービスマニュアル。ここに温度による指定オイル違いを書いてあったので紐解く

まず1940-1947のマニュアル OHVはナックル。+10°F以上ではMedium Heavy(GRADE75 SAE40)を使用 +10°F以下ではLight(GRADE58 SAE30)を使用すると書いてある。

この+10°Fをどう換算するかで意味が変わってくる。単純に華氏を摂氏に変換すると-12℃になる。これに疑問が生じる。-12℃でバイクに乗るか???

となると”+”に意味があるのでは。32°Fが摂氏0度なので、多分32Fを基準に+10Fでは?? となると42°F 5.6℃ 5.6℃を基準に上だとMedium Heavy、下だとLightを使用 さらに凍るようだとケロシン入れてねって書いてある。ケロシンは灯油である。相対温度で考えるほうが納得できる。

 

(記事の続きを読む)

マニュアルに書いてあるショベルのオイルはマルチオイルという事実

ショベルヘッドに使用するオイルはシングル50なんだと、雑誌に良く書かれていたり未だにそのようなことをYoutubeで配信してたりするので、シングル50でなければならないと思わされている方々に、マニュアルに書いてある”事実”をまとめておく(1978後期ー1984のマニュアルより抜粋)

”次のオイル交換期間の前に予想される最低気温には、次のように適切なグレードのオイルを使用してください”


英語だとわかりにくいと思ったので、華氏を摂氏に変換した表を作った。

追記:Special lightはGrade58でSAE30 真冬はSAE30が指定

一番上を見てもらえばわかるように、エンジン始動時に外気温が-12℃から38℃なら”POWER BLEND SUPER PREMINUM”が推奨されている。

ショベルにはシングル50でないとダメという都市伝説

 

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 21:26  Comments (1)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

中華激安LEDプロジェクターヘッドライトで車検が通るか?

ebayで購入した中華製激安LEDプロジェクターヘッドライト

一応、DOT SAE ECE 規格に適合しているというマークがついているが、それが本当かどうか実際にはわからない。それを確認するため、これを付けて車検を通しに行くことにした。

バイクも①2015年6月1日以降に製作された自動車であって、
UN R98、UN R112又はUN R113に適合するもの
② 2020年7月1日以降に製作された自動車は、ヘッドライトの検査がすれ違い前照灯、いわゆるロービームでの検査に変わるそうだけど、設備が整うまではこれまでの走行前照灯いわゆるハイビームでの検査になる

という具合に2019年2月28日より変わったみたい。参考

よく左上が照らされていないとダメって聞くけど、それはエルボーカットの場合で、水平カットオフラインであれば問題ない。光量は3,200カンデラ以上

これまでのハイビームでの場合は、15,000カンデラ以上

 

 

(さらに…)

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 1326666総閲覧数:
    • 490今日の閲覧数:
    • 535昨日の閲覧数:
    • 655679総訪問者数:
    • 238今日の訪問者数:
    • 304昨日の訪問者数:
    • 6現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド