楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

発電しない原因はステータコイルだった

動画を撮影しながら分解したので意外と時間がかかったけど、インナープライマリーを取り外しオルタネータ分解までこぎつけた

整備記録記事一覧

例によって分解までの手順を調べたい方はこちらをご覧に

インナープライマリ側の分解組立全工程はこちら↓↓↓↓

 

(記事の続きを読む)

オシロスコープを手に入れたので色々な点火モジュールの波形を観てみた

こんな風に機器を接続してコイルに与える”電圧”の時間変化を測定した。

テスターは電圧の値はわかるけど時間変化はわからない。オシロスコープは電圧の時間変化が見えるようにできる。

モジュールはセンサーからの信号が与えられるとコイルに与える電圧をON-OFFする。センサーには3.7Vほどの電圧を与えればいい。

まずAC100V(家庭用電源)を12V電源に接続。12V電源はAC100Vを入れるとDC12Vが出るもの。それをモジュールとコイル、DC-DCコンバータに接続。

DC-DCコンバーター>PMWボードでセンサー信号の代わりをする。DC-DCコンバータでDC12VをDC3.7Vに変換しているので、PWMから出る電圧は3.7VのON-OFF

 

(記事の続きを読む)

Filed under: 電気関係改造 — SAS 00:36  Comments (0)

フルトラにしたいんだってばって! その2

ハレ太郎さんに売却するフルトラ点火システムの動作確認。コイルもモジュールもセンサーも配線も問題なし

もし、これでハレ太郎さんの車体に接続して動作しなきゃ、ハレさんの車体に何か問題があるということがわかる。動画は撮ってないけど、VOESの紫色配線を車体にアースしてVOESオン状態にしたら回転数が上がったのでこちらも問題なし

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

今度のエンジン分解で使用予定の部品

150607-01何年もかけてボチボチと揃えてきた部品たち。

次のエンジン分解時に使用する予定の部品を紹介。

まずは純正マーレーピストンスタンダートサイズ。左側の出っ張りはピストンの向きの判別用。

(さらに…)

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 1073760総閲覧数:
    • 366今日の閲覧数:
    • 378昨日の閲覧数:
    • 518574総訪問者数:
    • 212今日の訪問者数:
    • 195昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド