サンダージェット付きスクリーミンバタフライ(フローマスター)バックプレートアダプタの製作

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

車両のブログをアップするとアクセスが伸びてびっくり。やはりショベルとしては車体のほうが気になるということかな。良い車両に出会うことも重要だけど修理に長けた良いショップに出会うことがより重要だと思う。経験上、ブログや広告で判断するよりも、SNSで調子よさそうな車両の持ち主にどこで整備しているか見るか聞くかしていくほうが良いと思うよ。

個人的には車両の記事よりも、キャブの記事を書くほうが好きなんだけど、うけは良くないねww

サンダージェット付いているスクバタというかフローマスター、Bキャブ用のバックプレートはステーが干渉するので付けられない。で、丁度レブテックキャブのバックプレートがサンダージェットとの干渉をかわしそうだったのでキャブにバックプレートをあてがってみた。

ナイス。丁度サンダージェットをかわす。ということで、レブテックキャブのバックプレートがスクバタにとりつくアダプタを製作してみる。

吸気口も大きいしファンネルになっているし吸気効率も良さげ

さくっと3Dデータを作成してABSで出力してみた。今回もP63のOリングを入れられるように設計。合わせ口は斜めじゃなくて、横位置にした。見た目もすっきり

スクリーミンバタフライ(フローマスター)に仮装着。バッチリすぎて怖い。Bキャブバックプレート用のアダプタより口径も大きく出来て見た目もすっきり

3か所の穴には鬼目ナットかエンザートのM6を挿入する。入口に少しエンザートを入れたら、ハンダゴテで上から熱を加えて押さえて行けばナットが入っていくので位置合わせをしてハンダゴテをのければOK

アダプタもボルトとナットで固定して、バックプレートもアダプタにネジで固定してみた。

問題なく取付られた。

スクバタは取り付けられるエアクリが限られているけど、無ければ作ればいいのとばかりに3Dプリンタで製作してみた。

基本のデータは出来上がっているので、バックプレートの固定穴位置がわかれば他のバックプレートにも対応したアダプタもすぐ作れる。

サンダージェットが干渉するから最初はバックプレートを作ろうとしてたくらいだ。でもバックプレートの加工よりアダプタ作るほうが断然楽なので、レブテックキャブのバックプレートがシンデレラフィットしてよかった。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 110現在の記事:
    • 709128総閲覧数:
    • 13今日の閲覧数:
    • 289昨日の閲覧数:
    • 342350総訪問者数:
    • 10今日の訪問者数:
    • 132昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド