楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

リアルさをどこまで再現出来るか


どこまでリアルな感じを再現出来るか。上の画像はPCで作った絵。2年前に新たなレンダリングソフトを購入。今まで使っていたのと全然違うソフトを購入したけど、忙しくてインストールすら出来ずに2年経過。やっと仕事が落ち着いてきたのでソフトをインストールしてテストしてみた。

(記事の続きを読む)

モジュールとコイルの説明



分解したスクリーミンモジュール(DYNA2000)の説明。どうやってコイルに火花を飛ばしているか。コイルがそもそも高電圧になるのは、コイルの中に1次コイルと2次コイルが鉄芯に巻いていて、1次コイルをON-OFFするとプラグに火花が飛ぶ。2次コイルは細くて巻いている回数も多い。1次をON-OFFすることで電磁誘導が起こり、2次コイルに高電圧が生じる。

2017/12/31追記:実際はMOSFETではなくトランジスタでした

(記事の続きを読む)

Filed under: 電気関係改造 — SAS 03:42  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

東近江あたりまでツーリング 3 豊郷旧小学校群 けいおん!

東近江あたりまでツーリング 2 びわ湖の鮎ドットコムから多賀へ

140518-21

ひげ店長のところを出て近くの有名な観光スポットへ行くことにした。

それは・・・・

豊郷旧小学校

いわずと知れた、けいおん!の高校のモデルとなった小学校です。

コスプレの人達(コスプレイヤーからレイヤーと呼ばれる)を楽しみに行ったのですが、意外に普通の方々ばかりで少々拍子抜けでした。

(さらに…)

2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  • Count per Day

    • 1373173総閲覧数:
    • 486今日の閲覧数:
    • 554昨日の閲覧数:
    • 680240総訪問者数:
    • 274今日の訪問者数:
    • 319昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド