楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

ピストンピン挿入とピストンリング組立

image

磨耗したピストンピンのまま動いていたため、スラッジがブッシュにこびり付いたようで、新品のピストンピンが入らない。ピンの外径は20.12mm 多分、もう0.01ちょっと大きくしたら入る感じ。

(記事の続きを読む)

ショベルのヘリテイジ祭り

image

今、ハーレー屋まつもとには2台のヘリテイジがある。HIBIKIさんのと先日My performanceさんで購入したAJさんのだ。横浜からやってきて今は整備中。ヘリテイジは1981年限定生産で784台だそうだ。知っているだけでも後9台はある。限定生産ゆえに、意外と原型を保って現存しているようだ。

(記事の続きを読む)

Filed under: 未分類 — SAS 00:19  Comments (6)

ショベルヘッド ヘッドの汚れ落とし

imageimage

フロントのヘッド、排気側の摺り合わせ終わってないけど、この汚い焼けたオイルによる汚れをどうやって落とそうかと調べてた。ワコーズのエンジンコンディショナーとか使えば落ちるけど、いかんせん高い。付け置きタイプのパーツクリーナもあるけど、廃液処理とかどうするんかなと。マジックリンの強力なやつが効きそうだけど、アルミには使用しないでねって書いてある。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

フューエルタンクシーラー

140624-01今使っている社外の黒タンク、購入した当初ガソリン漏れがしてて中をみるとご覧のようにコーティングがはがれていた。肌色のコーティングなんて初めてみたよ。
とりあえずチェーンを入れてタンクを振る。多少なりともいらないコーティングがはがれたけど、これ以上どうしようもない。
そこで、POR-15を買ってきた。灰色のコーティングが純正みたい。

(さらに…)

2016年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
  • Count per Day

    • 1375185総閲覧数:
    • 305今日の閲覧数:
    • 503昨日の閲覧数:
    • 681303総訪問者数:
    • 184今日の訪問者数:
    • 279昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド